<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| | - | - | - |
この一年のこと
変化の連続。ぜんぶ繋がってる。

音楽イベント出演(ただし音楽とは関係ないことをした)
個展
モデル、モデル
撮る
マンション買う
撮る
撮る
2月 占い師になる(←2011年1月くらいに急に「成りたい宣言」をしたのは友人の間で有名)
主役のイベント開催してもらう
イベントだらけ
講師もちまちまと
6月 引っ越し
8月 ライターになる(←ライターってどうやったらなれるんだろうと考え始めて一週間後くらいに仕事依頼がきた)

今までやってた仕事もぜんぶ続けながら、肩書きは増える一方。

生活苦は相変わらずで、でも家賃と同じだったから広いマンションに引っ越して自宅で仕事部屋作って仕事はなるべく家でしてる。外出の回数減らした。
何故か光熱費が安い。
夫の収入が減った分は私の収入が増えてプラマイゼロな感じ。
転職活動はうまくいかない。
労働基準監督署に何度もメールするが調査には入ってないもよう。
残業代だけでも貰って辞めてほしい。そのまえにどこか受かってほしい。

9月 撮る
抗鬱剤の離脱症状に二週間苦しむ
いつも通ってるクリニックへ行くと「主治医の居る時に来なさい」と診察してもらえない。
あの医者嫌い。初めて診てもらった。つらくて死ぬ寸前な状態で行ったのに症状もなにも聞かず、今まで通りの薬出して終わり。受付の人に訴えたら「ああ…(溜息。あの医者はねえ…みたいな雰囲気)」で諦める。抗鬱剤をいっぺんにやめるのをやめる。少しずつ減らす。少しずつ減らしてたのに、前回の診察時にいきなりやめなさいと言った医者も分からない。体調の波があるから、来たいときに来ていいとどの医者も言ってくれてたのに、あの医者だけはいけすかない。合わないから月曜日は二度と行かないバーカ。
離脱症状は、手足の痺れ、眩暈、頭痛、腹痛、肩凝り、無気力、死にたい、不安、怖い、等々
腹痛で意識失って自宅で倒れる。夫のおかげでベッドの上で目を覚ます。
内科で、過敏性代腸症候群と言われる。知ってるから。
そして精神科で処方されてた下痢止めや腹痛抑える薬やらなんやらかんやらを内科で貰う。
プリンターのエラーが出る。カスタマーセンターに電話しなければならない状態を放置中。
徐々に離脱症状が治る。治りかけのときに講師をする。未熟な講義をしてしまい反省中。落ち込み中。

他の仕事は順調。
夫とは更に仲が良い。

今後 モデル
撮る
展示
来年 展示(←試しに撮ったのを気に入ってもらい、展示することになった)
今週 仕事ぜんぶ

---

IKEAで3000えんほどでテーブルと椅子二脚を買い、ベランダ用に。
ベランダでろうそくの灯りで夕飯を食べるのが今の楽しみ。

ミクシで知り合った古い友人にWEBカメラをいただいた。これで家での仕事が広がる。準備中。

やりたいことがいっぱいで休むことを忘れる日々。
| 18:43 | 日記 | - | - |
スポンサーサイト
| | - | - | - |
New Entries
Category
Profile
Archives
Links
Mobile
qrcode
moon
bookmark shop
UNIQLO CALENDAR
 
Other